Menu

きれいな芝を保つため

芝生

芝を育てる際の注意点

芝生は公園や学校、個人の家など様々なところで使われています。芝生があるとただの土や砂利よりもクッション性が高くなり、素足でも歩けるようになるため、快適にくつろいでほしい場にはふさわしい雰囲気や機能性を備えることができます。また見た目にも青々とした緑が美しいのでリラクゼーション効果も得られます。ただ芝生は生きている植物なので定期的なお手入れが欠かせません。代表的なものに芝刈りがあります。芝刈りはその名の通り芝を刈ることで、芝生の状態を適切に保つために行われます。芝生はそのまま放置しておくとどんどん伸びていってしまい、見た目も悪くなりますし機能性も損なわれます。長く伸びてしまうと根本に光が当たらなくなってしまうので、芝生自体が弱ってしまい、病気や害虫などに負けてしまうという事態にもなりかねません。こうした事態を防ぐためにも定期的な芝刈りが必要なのです。芝刈りは時期により必要な頻度が異なります。よく成長する夏場は毎週行う必要があります。春や秋でも二週間から三週間に一度ほどは必要です。暖かくて成長が早いようならば頻度は高くする必要があります。逆に冬場はほとんど成長しないので芝刈りをする必要はありません。また、芝生は伸びてから刈るのではなく、伸びないように刈るのが重要となります。伸びてから刈ってしまうと軸から刈ることになってしまいがちで、緑色が損なわれ芝生の成長を妨げてしまいます。定期的なお手入れをすることできれいな状態を守ることができます。